Home > General > 角川のデジタル宣伝会社社長がものすごい発言を

角川のデジタル宣伝会社社長がものすごい発言を

「らき☆すたやハルヒが売れまくったのは、違法投稿の“宣伝”のおかげ」…「動画削除はファンに失礼」
「ほんとかそれ?」というのが最初にタイトルを見たときの感想です。
少し時間が経った今は、「宣伝担当だからノーコストで宣伝効果が上がってることに対してこういう考え方をするのかな」と。

それはともかく、こういう発言を権利者サイドの方がするのを初めて見ました。
こういう考え方それ自体はありだとは思うんですが…。
もし角川さんがこういう方針を採ってくれるとしたら、
私は基本的に「内容が分かればいい」派なのでありがたいのですが、
(どっかで島本和彦が「でかい画面でいい画質で見ないと意味ない」って言ってましたが、そもそも私はそういう見方をする層ではないのでしょう)
これが浸透するとはとても思えないんですよね…。

動画が上がることが一概にいいとも悪いとも言えないな、とは思う。
なけりゃDVD借りてくるけどyoutubeにあるからいいや、
という見方をすることは自分でも確かにあるかと。
しかし、この考え方だとまず直接の被害を受けるのがレンタル業界で、
レンタル業界がやせ細るとコンテンツ提供側も売上に響く、ということになるかな。
(↑まあ、図式としてはいくらなんでも単純すぎますね。
あと、個人のDVD購買層は捨象して考えただけで、
もちろんそっちに影響を与えないとは思ってませんよ)


今でもハルヒとかの周辺グッズは色々出てるんじゃないかと思いますが、
本放送が終わった今は本編を見るにはDVD借りるなり何なりしないといけない、
でもそれは敷居高い、という消費者サイドの考えから、
youtubeに誰かが上げてればそれが呼び水になる、
ということは確かにあるんじゃないかと思います。

スレの方には「gyao的なことをアニメ製作会社主体でやれ」という意見もあって、
コンテンツ提供側が独自に配信手段を持つ、という考え方は確かにアリなのかも。
(何か、F.E.A.R.とゲーム・フィールドの関係みたいですが)
放送局との軋轢はきっと避けられないんだろうし、
運営のコストを誰が負担するんだという問題もありますけどね。

まあ、それにしたって原作者やら何やらみんなの許可が要りますわな。
それでも放送局が絡まないだけ少しは単純か。

ともあれ、仮に個人的な見解だとしてもグループの方針と受け取られかねないし、
立場のある方が雑誌インタビューで個別にこういうことを言うのは
あまりよろしくないんじゃないかと思います。
Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/item_661.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
角川のデジタル宣伝会社社長がものすごい発言を from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > General > 角川のデジタル宣伝会社社長がものすごい発言を

Calender
<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top