Home > General > 氷点/三浦綾子

氷点/三浦綾子

知り合いに全く同姓同名の人がいるなあ、とか思いつつ読んでなかった本。
ばけつ氏から借りてきたので眠れない夜に延々読んでみました。
話に引き込まれ、かなりの速度で読んでしまったような。

戦後の時代を描いているものの、戦後であることにはほとんど意味はなく、いつに設定してもいいような話で、
そういう意味では時代背景の変化などで陳腐化・風化する話ではないのはさすがベストセラー。
原罪をモチーフにしているところから色々無理のある人物像が描かれているとは思うが、
描きたいもののために人物が設定されるわけでそこは読者が合わせていく部分かと。

細かい表現技法などはあまり気にせずに、
この骨太のプロットを楽しむ(あるいは、深く受け止める)ことにこの小説の意義はあるのだろうなと思います。
一度読んでみるといい本だと思います。エンタテインメントとしてどうかはともかく。
Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/item_47.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
氷点/三浦綾子 from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > General > 氷点/三浦綾子

Calender
<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top