Home > Books > 時砂の王/小川一水

時砂の王/小川一水

  • 2007-10-29 (Mon) 21:16
  • Books

絶望的な状況で戦う人を描くことには定評のある(というか、そんな作品ばっかりかも)
小川一水の書き下ろし新作です。

十万年を生き、戦い続けた一人の男の記録。
面白かったです。ひたすらに熱い。
クライマックスは久しぶりに涙腺が緩むのを感じました。
...いやまあ今若干感じやすい時ではありますが。

いくつか読んで思ったけど、小川一水は数冊にわたる長編よりも
短編や文庫300ページくらいで終わる中編の方が面白いんじゃなかろうか。
久しぶりに最後までテンションを保って一気に読めた気がする。
ハヤカワ文庫から出てる「老ヴォールの惑星」もすごくお勧めです。

長編は...第六大陸はちょっと微妙、復活の地は面白いのは面白いけど読み疲れる。
導きの星はもっと疲れそうなのでとりあえず保留中。
話が逸れましたが、ここ最近で読んだSFでは一番面白かったんじゃないかと思います。




Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/item_43.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
時砂の王/小川一水 from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > Books > 時砂の王/小川一水

Calender
<   2017-10   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top