Home > Movie > モンティ・パイソン 人生狂騒曲

モンティ・パイソン 人生狂騒曲

  • 2008-02-07 (Thu) 21:55
  • Movie
近所のツタヤが半額セールやってたので、モンティ・パイソンが見たくなって探してみたけど、
何故かこれしか置いてない。仕方ないのでこれだけ借りてきました。
うーん…。
原題は"Monty Python's The Meaning of Life"で、人生の意味とは?というのがテーマということになっている。

内容はひたすらエロ・グロ・ナンセンスで、見るに堪えず、飛ばすスケッチがあったり。
(お上品なレストランにひたすらゲロを吐きまくる常人離れした太った男が現れる、というスケッチなのですが、
演出意図は分かるものの正直見るに堪えないほど下品。
DVDで見てるから飛ばすだけで済むけど、劇場で見てたら帰るかも)

個人的には最初から2番目(最初の短編映画は除く)のスケッチ(誕生 第三世界編)が一番笑えたかなぁ。

第三世界とされているのが石畳の街路、工場の煙がもくもく上がる街で、字幕が出たと思ったら「グラスゴー」。
階級ジョークかよ、と思ったら次の瞬間には大量の子供(数えてないけど50人以上はいそう)を抱えた家が出てきて、
子供がいっぱいいる理由が「カトリックだから」。
で、父親が工場が潰れてこれ以上育てられないからみんなまとめて人体実験用に売り飛ばす、とか言い出す。

そこで突然ミュージカル仕立てになり、「精子の素晴らしさ」をテーマに子供たちが歌い踊る。
歌うバックの街には"Papal Discount House"があったりとか。
(意味が分からない人は自分で辞書引いてください。とてもじゃないけど書けません)

家から出て行く子供たちの歩く道路に面する家にはヴィクトリア時代みたいなプロテスタントの壮年夫婦が住んでいて、
大人のおもちゃショップについて語る旦那とそれに異常な興味を示す奥さん。

まあ、全編この種のブラックなジョークばかりで、更にグロが混じったりすると笑うに笑えません。
これ置くくらいならホーリーグレイル置いといてくれればいいのに。

Comments:2

がくちん 2008-02-08 (Fri) 08:59

初心者が上級者向けから入っちゃいかん!
もっとモンティに馴れて、エスカレートしたくなってから見るべき映画です。
オススメの順番は、仰る通りホーリーグレイルから。
次に第三期、第一期、第二期、そしてゲロです。第四期とかブライアンはデザート。

>一番笑えた
あそこはあそこで、放映された国を考えると冷や汗出ます。はい。
まぁ映画の熱気にあてられるなら、その冷や汗が心地良いとも。はっはっは。
やっぱノーコメント。(負傷兵の話は個人的に好き)

epi 2008-02-08 (Fri) 14:01

>ゲロ
生理的嫌悪感を直撃するネタだったので、多分一通り見てからでも楽しめたとは思えないですね。
スプラッタはいけてもゲロはきつい。
とはいえ肝臓提供者とか不条理すぎてどこを笑ったらいいのやら。
正直笑いに向けた映画じゃないとまで思ってます。

>放映された国
何か本国ではX指定になったりR指定になったり、隣の国ではオリジナル版での放映が禁止されたり色々大変だったみたいですよ。

Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/item_253.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
モンティ・パイソン 人生狂騒曲 from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > Movie > モンティ・パイソン 人生狂騒曲

Calender
<   2017-05   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top