Home > Archives > 16 January 2007

16 January 2007

他人の読書記録

「ウンベルト・エーコの文体練習」の「ポー川流域社会における工業と性的抑圧」の元ネタってなんだっけ、とか思い、検索をかけているとどこかの誰かさんの読書感想記録のようなものにぶつかりまして。
まあ本当に膨大な量なので(ざっと見た限り3ケタくらいだと思う)、
読んだり書いたり暇な人だな、というのが正直な感想ですが、
いくつか読んだことのある本の感想を見て「なるほど」と思ったり「おいおい」と思ったりでまあ面白いと言えば面白い。
普段感想を書く際には「できるだけネタバレを避け、感想は面白いか否か」程度に抑えようと思ってるので主観ばりばりで書いてある感想文を見ると「こういう書き方もあるのか」とか思ったり。
まあ、自分が書いてる映画の予告編みたいな文章が面白いかと言えば100%面白くないし、
別にネタバレしても問題ないといえばないのかもしれん。
まあ、内容に立ち入らずにどうやって面白さを伝えればいいのかという話もありまして。
これからは面倒だからネタバレ全開で書こうかなぁ。
閑話休題。
ちょっと前に暁くんがやってた(いや、今でもやってるのか?)、
「複数の人間による小説の主観的分類」はこんなのに着想を得たのかな、とか思ったけど
やっぱり一人の人間の嗜好をある程度でも読むには「自分が読んだことのある本数冊」程度のサンプルは必要で、
となると万人に読ませるためにはそれくらいの分量は必要なのかなぁ、みたいな。
あの「内容に立ち入らずに小説のどこを読むべきか、が見える」という着想自体はナイスだなぁ。
と、閑話休題のところに無理矢理繋げて話を終わらせてみる。

墨攻/酒見賢一

映画化されると言うことで、また酒見ファンであるにも関わらず今まで読んでなかったので読んでみました。
いや、映画化の直接の原作は小説版を原作にした漫画版っぽいですが。
虚実取り混ぜて読ませるスタイルはさすが酒見賢一というべきでしょう。
デビュー作「後宮小説」では架空の中華風帝国の歴史書や後世研究っぽい記述まで描写する人なので、
ある程度でも事実に立拠して、なおかつ独自の想像を加えて小説に仕立て上げる、なんてのは大得意でしょう。
実際小説を読んでいるだけではどこまでが事実(とされているもの)でどこまでが創作なのかの境目がさっぱり見えません。
物語のスタイルは塩野七生の「チェーザレ・ボルジア」とか「神の代理人」とかに近いのですが、
何と言うかもっと大胆に創作部分を混ぜた上で書いているので信じてしまうと大火傷します。
でも妙に説得力があるのが困りもの。
あと、この人はあとがきもひそかに楽しみです。
サイコ小説版2巻で突然物語消費論を始める大塚英志も相当アレですが、
あとがきだけで20ページ近く書いた上突然ラヴクラフトについて語りだしたりする作家はこの人くらいなもんでしょう。
そういや「語り手の事情」のあとがきも面白かったなぁ。
「最近の性の乱れを嘆いている」とかそういう書き出しからレヴィ=ストロースの話に繋がったりするあたりはもはや「やれやれ」としか言いようがない。
まあそのあとがき口調で一冊書いたら大変なことになってしまったのが「泣き虫弱虫諸葛孔明」だったりするわけで。

More...

Home > Archives > 16 January 2007

Calender
<   2007-01   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top