Home > Archives > 06 January 2007

06 January 2007

ASIO4ALL

前までwinampにASIOプラグインをかませてASIOで聞いていたのですが…
えー、この時点でうちのサイトを見ているほとんどの人が置き去りですね。
ASIOというのはドイツで開発されたPC用オーディオツールで、レイテンシが低いのが特徴の高級ドライバ…だそうで。
ネイティブに対応していないものでもプラグインをかませば若干劣る(らしい)とはいえ、Directsoundとかよりはいい音が出せます。
で、SE200-PCIはASIOが使えません。
知らずにやってみたところ音はでないわマウスはガクガクだわで大変でした。
どうしようかなぁ、と思って色々調べていると、ASIO4ALLというツールでどうにかなると言うことが分かりました。
で、それを入れたあたりが本題です。
設定画面でSimpleとAdvancedが選べるのですが、横に人の顔が付いています。
何気にAdvancedに変えてみると、アインシュタインの顔になりました。ははぁ、なるほど。
で、もう一度Simpleに戻してみると、そこにあった顔はブッシュ現大統領でした。どっとはらい。
ま、結局うちでは使えなかったみたいですけどね。
とりあえずプレイヤーはLilithに変えました。winampは更新通知がウザかったもので。
激しく後からの追記:
えー、使えるようです。
くわしくはASIO4ALL使えるじゃんに書きました。

フリーズ、その結末

とりあえず返品で1000円ほど取られましたよ。まあ、しかたないでしょう。
で、ONKYO SE-200PCIを買ってきました。前にも少し話題にしましたね。
Audigy2DAで起こったような不具合もないし、音はきれいだし、ステレオならコンポのスピーカーも使えるし、万々歳です。
EAXハードウェア処理?知るか!FPSゲーマー以外には不要じゃっ!
値段?ああ、それは少し痛かった。…でも、SB現行製品の高いランクのものよりは随分安いです。
まあ、FPSとかフライトシムとか派手な音場処理を要求する3Dゲームはやらないですし問題ナッシングですね。
でもCPUにちょっと負荷がかかったらWinampの音が一瞬途切れるとかは勘弁して欲しいなぁ。
まあ、この一件で色々調べてていかにcreativeのソフトウェア開発能力が低いかが分かりました。
SBが必要なゲームやるならともかく、不要ならSBは止めとけって感じですね。

フリーズ、その続き

本気でどうしようもないので、とりあえず前に使ってたサウンドボード(端子のプラスチック破損)に戻しました。
買った店に連絡してみたところ、「ボードの不良なのか相性なのかわからない」だそうで。まあそりゃそうだ。
で、ただいま二度目の交渉中。
…交渉終わり。
商品代金の1割をこちらが負担する形で返品/交換(ないし、他商品との差額交換)ということになりました。
まあ、こんなもんでしょう。

More...

Home > Archives > 06 January 2007

Calender
<   2007-01   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top