Home > General > ばけつ宅にて

ばけつ宅にて

金曜の夕方から土曜の夜までばけつ宅にお邪魔して、色々してました。
食ったり、飲んだり、食ったり、飲んだり。
体重1キロ増えましたよ。ダイエットしないと。
というわけで金曜の夜はキムチ鍋とビールをかっ食らってました。
何故かばけつの彼女と三人で。不思議やなぁ。
彼女が帰った後、持っていった空耳アワード2006と2007を鑑賞。何度見ても笑えますね。
その途中に匿名係長只野仁を挟んだり、DVD焼いたりしながらワインを一瓶空けたような気がする。
…本当にジュースみたいな味で、今となっては本当にワインだったのか疑わしいです。
いや確かにワインでしたけどね。
翌日があるので2時には寝る。ウコンの力飲んで。
土曜の朝俺が起きたら6時でした。もう少し寝よう。
次に起きたら12時でした。そんな馬鹿な。
仕方ないのでばけつ氏を起こして(実際は彼もそれまでにちょくちょく起きたりしてるのですが)、
とりあえず味噌汁飲んで(昨日の鍋の野菜の残りを突っ込んだもの。案外旨い)、
部屋の片付けなどしつつ、2時に何とか出かける。
このあたり、一度二人でカクテルパーティーしたときは大変でした。
机の上に夥しい酒瓶が並んだ上二人ともひどい二日酔い。成長したなぁ。
りんくうプレミアムアウトレットに行って、ちょくちょく買い物。
俺はジーンズ一本とブルゾン一着購入。ブルゾンはかなりお買い得でした。
ばけつ氏の要請があったので、彼の主張を代筆しておきます。
「ジーンズのダメージ加工をした上に、刺繍やアップリケを加えたものについて」
別にヴィンテージがいいというわけではないけど、
ウォッシュド加工してあったりするのにアップリケとかが入ってると
そのアップリケにもダメージがいっててきれいに色あせたりしてないと
まるでおかんが勝手に穴の開いた服をアップリケして直したみたいで微妙。

えー、その通りですね。
再びばけつ氏の彼女と合流して住宅展示場に行き、二人がプレゼントの皿セットをガメてくるのに付き合う。
…二人はここの常連で、受付のお姉さんに完璧に顔を覚えられているみたいです。
えー、まあ、何ですかね。いいお皿もらえてよかったね。
ばけつ宅に帰って晩飯の算段をする。
昨日作ったジャーマンポテトの余りのジャガイモ、たまねぎ。鍋の残りの鶏肉、豚肉。
にんじん買ってきてカレーでも、と決めたところでばけつ氏の彼女から電話が入る。
お昼にカレー食べたからカレーはダメ、だそうで。
あ、食べにくるのね(びっくり)。
食材大して変わらないので、カレーをシチューに切り替え。
買出しに行って、シチュー作って、食べました。美味しかったです。
その後銭湯に行き、何故か男風呂にはドライヤーがないことに憤慨し、
若干飲んでたせいで車の運転ができなかったばけつ氏に代わって彼女に泉佐野の駅まで送っていただきました。多謝。

Comments:2

がくちん 2007-03-19 (Mon) 12:01

>金曜の夕方から土曜の夜までばけつ宅にお邪魔して、色々してました。
あー、私もお邪魔したかった・・・
TACLBBSの情報が、あと1日早ければ仕事を入れなかったのですが。
うーん、実に無念。次のチャンスをアンテナ全開で待ちまする。ゆんゆん。
>何故かばけつの彼女と三人で。不思議やなぁ。
いつもの事ですよ!(右手の親指を立てて満面の笑み)
もはやあだ名が「おっちゃん」で固定された私としては、
君のあだ名が気になって仕方の無いここ最近です。
>…本当にジュースみたいな味で、今となっては本当にワインだったのか疑わしいです。
>いや確かにワインでしたけどね。
もうダメだよ、君たち。アル中、いやアル厨で死ぬ前に生命保険は忘れずに。
でもまぁ、ワインって渋味が消えたらジュースと同じなのは同感。
私の場合、酔っ払うと甘味しか感じなくなりますから、
そう疑ってしまう感覚は良く分かります。
>次に起きたら12時でした。そんな馬鹿な。
良い感じに脳味噌へダメージ行ってますね。
生命保険は忘れずに。なんなら受取人に立候補しますよ。
>机の上に夥しい酒瓶が並んだ上二人ともひどい二日酔い。成長したなぁ。
いや、それ学生気分ですよ!!?
真の社会人は酒瓶など並ばない店で飲むのである!!
そして財布の中身を確認して絶望するのがジャパニーズソサエティ。
(や、こういう店行くのは元請の忘年会だけですけどね、私は)
>そのアップリケにもダメージがいっててきれいに色あせたりしてないと
>まるでおかんが勝手に穴の開いた服をアップリケして直したみたいで微妙
そういう場合は、ユーズド加工の入ったジーンズで良いんじゃないでしょうか。
まぁジーンズ自体、あんまり選ばない私が言うのも何ですけど。
てかばけつ氏の主張に失礼ながらも爆笑。そりゃそうだよなー。
てかネタ帳に仕入れました、いただきです。
>若干飲んでたせいで車の運転ができなかったばけつ氏に代わって彼女に泉佐野の駅まで送っていただきました。多謝。
あれ? 君は免許持ってませんでしたっけ?
って考えるも、ばけつ氏が飲んでいたら君が飲まないわけもない!
代行ドライバーって高いですよ?
彼女氏へのお返しを考えておくが良いであります。金一封。

epicurean 2007-03-19 (Mon) 18:15

>ばけつの彼女
まあ割と当たり前になりつつあるようで、口癖を借りると面白い限りです。
>あだ名
俺は「○○(俺の住んでる地名)の人」のようです。
さすが南和泉人、北河内は人外魔境か、それとも王道楽土と思われているのか。
>ワイン
味で言うと、モースト(オーストリアの微発酵ぶどう酒/ジュース)に近かったですね。
そんなに飲んでない状態(二人でビール4缶くらい?)だったので
味が分からなくなるほどではなかったですが、
まあ本当に軽い飲み口のワインでした。
>酒瓶
いや、ばけつ氏のあのダイニングテーブルの上に大量に並んでたわけで。
美味い美味いいいながら大概飲みましたね。
>ばけつ氏の主張
何と言うか、ダメージ加工をした上で結構色鮮やかな補修がついてるのが多かったもので。
ファッションでやってるというよりも「おかんの補修」に見えるものが多かったんです。
結構ちゃんと補修にもダメージ入ったのもあったんですが、
そのときには気付きませんでしたが補修とジーンズ本体のダメージの度合いに差がなく、
やはり不自然なことに変わりはなかったような。
まあ、ダメージジーンズをあまり穿かない人間としては割と遠い話です。
>代行
何と言うか、ばけつ氏的には俺が飲むのはデフォで決まっていたようで。
と言うのも、前日飲むはずだった山崎と麦焼酎に全く手をつけていなかったもので。
じゃあまあ俺は頂こうか、となったところでばけつ氏が飲むか否かについて彼女との間にひと悶着あったことを付記しておきます。
かれこれ10年以上の付き合いですが、俺は不機嫌なばけつ氏を初めて見たかも。
まあ、ばけつ氏がなだめてすかして運転していただくことになりました。
ところでまあ代行というか、彼女氏の車でして。
代行と言うよりタクシーやな、てな話になってました。
まあ、何にせよありがたい話です。

Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/_491.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ばけつ宅にて from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > General > ばけつ宅にて

Calender
<   2017-03   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top