Home > Books > ラッシュライフ/伊坂幸太郎

ラッシュライフ/伊坂幸太郎

  • 2007-02-05 (Mon) 22:59
  • Books
全く関係ないはずの登場人物それぞれの話が有機的に絡み合い、最後に一つの物語へと構成される。
…というような話の仕掛けそれ自体が面白いと思う人には随分面白いんだろうな、という印象。
正直、よくできているな、というだけの印象。
当然、これだけの構成を持った物語を書くことは自分には真似できませんが、本当にそれ以上の面白みが全くない。
劇場版「陽気なギャングが地球を回す」を見終わった後の第一声が「ロックストックやなぁ」で、
原作を読んでも全くそれ以上のところがなかった(面白かったけど)のですが、
「陽気なギャング」からスタイリッシュさを抜いていたく日常的な登場人物を増やすとラッシュライフかも。
伊坂幸太郎の小説のイメージは私の中ではブギーポップシリーズを読み進めたときの感想に似ています。
一冊目が多分一番面白くて、あとは微妙な雰囲気。
この辺逆にあらすじにするとさっぱり面白くない話を読ませてしまう佐藤亜紀はすごいのか。
こないだ「天使」を再読しましたが、あのありがちなライトノベルにも劣るクソつまんない設定と物語をひとかどの文学に仕立て上げてしまい、なおかつ読ませる力があるのはやっぱあの人大したものかも。
まあ、極力説明を廃したせいでひどく理解しにくい話なので一般ウケはしないでしょうが。
(読み方によってはやおいになるらしい。そういう読み方を理解してから読んだら確かにそうだった。やれやれ)
まあ、結局は単なる趣味嗜好の違いかもしれない。
Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/_479.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ラッシュライフ/伊坂幸太郎 from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > Books > ラッシュライフ/伊坂幸太郎

Calender
<   2017-09   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top