Home > General > オーストリー、は定着するか

オーストリー、は定着するか

オーストリア在日大使館がオーストラリアとの混同をどうにかするために自ら「オーストリー」と呼ぶ運動を始めているとか。
このニュースは随分前に聞いたのですが、全く腰の低いことで。
歴史で言うとオーストリアの方が随分古いのになぁ。
しかしどうせ呼称を変えるなら彼らの母語に従ってエスターライヒにしてしまえばいいのに。
ドイツはジャーマニーではなくドイツだし、エスターライヒの方が自然な気がしますけどね。
まあ、エスターライヒという言葉自体発音がかなり遠い(日本語にはOeなんて母音ないし当然だけど)うえ、どう考えても定着しそうにないですけど。
まあ、歴史的な事情なんでしょうね。こういうのは。
イギリスなんて呼び方してるのは間違いなく日本だけだろうし。
そういえばice氏が昔スイスのことを「スィッツァランド」てな呼び方してたなぁ。
俺の知る限りそういう呼び方をする言葉はありませんが、英語のSwitzerlandをドイツ語風に読むとそうなります。
当時彼は高校生だったはずですが、どこでそういう知識を仕入れたのやら。

Comments:4

ice 2006-12-01 (Fri) 22:20

え?
英語でそういう風に発音するじゃないの?
昔から,読み方がわからない時は自己流で適当に読み方を決めてしまう癖があるのでそれが出ていたのでしょう.
昔の偉い人も,こうやって元の発音とは似ても似つかないようなカタカナ語を作っていったのかもしれません.

epicurean 2006-12-01 (Fri) 22:52

あれ?と思って辞書引いて発音記号を確かめてみました。
…俺が間違えて覚えてたようです。こりゃ失礼。
というか、辞書を見てスペリング自体誤って記憶してたことに気付いた。
Switzerlandなのね。tをすっ飛ばして覚えてました。
ついでにSwitzerlandをドイツ語風に読むと「シュヴィッツァーラント」になるはずで、これも嘘ですね。
やぁ、酒飲んで適当なこと書くと恥かくことになりますな。とほほ。
ついでに書くと、ドイツ語では普通外来語経由でもない限り"sw"という子音字の表記はなく、
その発音は"schw"と表記されます。なんでかはよく分からないけど。

がくちん 2006-12-05 (Tue) 22:27

対抗して「オーストラリー大使館」に名称変更しないかドキドキ。

epicurean 2006-12-06 (Wed) 02:45

そりゃもはや言葉が変わっていますな。
オーストラリアと日本の関係と、オーストリアと日本の関係を考えれば自明でしょうね。
何と言うか、俺のようなオーストリアとかドイツとかに思いいれのある人間からしたら悲しい話ですが。
この辺は言語学的な類似性がたまたまあったことに不幸があったのかと。
ドイツ語のoesterreich(英語eastern country/kingdom/empire)とラテン語のaustralis(英語southern)がたまたま英語読みをすると似ていた、ということに由来する混同なので。
イギリス人がラテン語など使わずにsouthern continentとでも名付けていれば済んだんでしょうけどね。
何せあの辺の国は自国の雅号としてalbionとか使っちゃったりするくらいですし、
そんなもんなんでしょう。
日本が雅号として「大和」とか「日ノ本」とか使っちゃったりするのと比べると罪のない話なのかなぁ、と。

Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/_434.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
オーストリー、は定着するか from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > General > オーストリー、は定着するか

Calender
<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top