Home > General > 京都→滋賀TACL

京都→滋賀TACL

何か色々ありすぎて何がなにやら。箇条書きで行きます。
初日
・リアプロ
がくちん宅の50インチリアプロジェクションテレビは異様にでかかった。
「俺が部屋の主だ、文句あるか」とでも言いたげな存在感。
画面もきれいだし、反応速度も申し分なし。すごい。
ただアナログ放送は見られたものではなかったので大画面はデジタルに限りますね。
あと、若干上下の角度を変えてみたとき色調が微妙でした。
後ろからなのできれいにできるとはいえ、やはりプロジェクションということか。
・HALO2、ひデブ
4分割画面でも十分すぎるほどにでかいです。素晴らしいぜ50インチ。
・いたストSP
がくちんが序盤から半独占エリアを二つ作り、不動のトップ体勢。
金はあるが、序盤に迷って店をあまり買わずに現金を残したのが災いしたか、なかなか店を買えずに現金が残るかいちょ。
序盤で離島に行き、離島の王者になるものの周回ルートに店がないばけつ。
序盤でばけつの離島王国にはまり、4位確定モードの俺。
どう考えてもがくちんの勝ちゲームですが、ドラマ発生。
がくちんが離島に行って増資できない間に10株売りで株価を下げてダメージを与える作戦に出る俺。
神殿(税務署)をいくつか建てておいたおかげで収入が入りだし、何とか最下位脱出。
がくちんは5倍買いで離島王国を潰し、悠々と戻るも、Lvアップ直後俺の神殿で10%献上。
とはいえ、それでも目標金額オーバー。
次に俺がLvアップで目標金額達成、周回すれば逆転できる…という状況でがくちんが離島行き。
本当に勝てるかもとか一瞬思いましたが、みんなの妨害も乗り越えてがくちんがゴール。
あー、善戦したと思いますよ俺。よく破産せずに2位までこぎつけたな。これもみんなの必死のトップ妨害策の結果。
かいちょはいたストを「運ゲー」と連呼していますが、必ずしもそうでもないです。
あのがくちんの強運に対して、みんなの妨害策etc.の後最下位確定モードの俺に勝ち目が見えたように、
ある程度まではプレイングでどうにかなるゲームです。
むしろ他プレイヤーの妨害に遭うとあれほどの強運がないと勝てないと言うことでもあります。
あと、チャンスカードの番号と内容覚えるのは割と基本です。
PS版いたストGKのほとんどのマップでどんなチャンスカードが入っているか俺は把握してますよ。
てか、何十回とやってれば分かりやすいのは嫌でも覚えますて。
二日目
・南草津BB
フットサルをするはずだったが、先客がいたので3on3をプレイ。
久しぶり(数年単位)にやった割には結構動けました。シュートもわりかし入ったしね。
フットサルの客がいなくなったのでフットサルコートに入ろうとしたら、強風でゴールが倒れる。
BBの屋上の風は確かに強かった(バスケットボールが風で流れるくらい)が、まさかそんなことになるとは…。
「これはまずい」ということでみんなフットサルは速攻で却下し、サバイバルゲームをすることに。
BB弾を買って、エアガン借りてレッツプレイ。
えー、楽しいですね。飛び道具アリの鬼ごっことか。
・スーパー銭湯
550円でビバノンノンの世界。素晴らしい。
リアプロ提供のがくちん氏、風邪をおして運転やってくれたばけつ氏には特に感謝。

Comments:2

がくちん 2006-10-13 (Fri) 23:51

>「俺が部屋の主だ、文句あるか」
我が部屋に来る人の7割が述べてくれます。
んで、実は家族の視線が痛くて痛くて。嬉しい悲鳴。
でも阪神戦があると僕は一切使えません。ハルヒ0話見てる所を踏み込まれかけて、マジ死ぬかと思いました。
>いたストSP
序盤(私が離島行くまで)は運ゲーでした。間違いなく。ありゃ酷かったw
いたストで運ゲー状態だと、勝ってる方も空気に戸惑う所だったり。
まぁ私は平然と優越感に浸りますが。ゲーラゲラ。やっぱ天罰。
>善戦したと思いますよ俺
内容的には君の勝ち。空き地の使い方が圧倒です。
最終局面、ゴールする確率は君が遥か上にありましたよ。
かいちょ氏とばけつ氏が株価に不慣れで、追走を振り切れたようなもん。
(ま、売られた喧嘩(ドラマ)は真っ向勝負なんで、大ポカも平然としましたが)
>強風でゴールが倒れる。
今思えば、かいちょ氏でも挟ませておけば慰謝料がっぽがっぽ。
某ちゃんねるなら「急にゴールが倒れた?」「急や」みたいなレス張られそう。
>飛び道具アリの鬼ごっことか。
元ネタってもろひぐらゲフゲフ部かゴホゴホ!
ある意味で究極の同人活動なり。ほんと、雛見沢は地獄だぜ、フーハーハー!
でも楽しんでもらえて良かった。鯖ゲーに誘った側として嬉しい限りです。
>スーパー銭湯
蒸気サウナ風呂は長く入っていたら「動くだけでも肌が痛くなる」のに気付いたが、
自分が風呂の最奥に居るので・・・がくちんは考えるのを止めた。
死を覚悟しましたね、550円で。
>リアプロ提供
また自慢されに来て下さい。次は次世代機を揃えておきますよ。ゲームもDVDも。

epicurean 2006-10-14 (Sat) 13:25

>大画面ハルヒ家族見られ
うわぁ…。
>運ゲー
序盤だと小細工のしようがないからほんと運で押し切れるときもあるんですがね。
あれはCPU相手なら正直リセットする状況です。
いたストは桃鉄よりはだいぶ運の要素が低いはずです。
通に言わせると桃鉄も腕らしいですが。
マップを覚えるところから始まるそうです。ばーかーなー。
まあ、サイコロ振るゲームなのでサイコロもゲームのうちなのは当然なんですけどね。
しかしサイコロで勝てないのは一番辛い。怒りと涙の持って行き所が…。
>最終局面
個人的には誰がゴールしても金額多い方が勝ち、ってルールが好きでしたが、
ああいう展開になるとあのルールも悪くないですね。
>空き地
SPは材料が複数あるので臨機応変に改築を使えと言わんばっかりです。
この辺の感覚は旧シリーズだと空き地モードをやってないと分からん感じです。
>急に
急にゴールが倒れたので対応できなかった。
ええ、危険ですとも。
冗談抜きで安全配慮どうなってるのかと思わないでもない。
>鬼ごっこ
ああ、夏なら水鉄砲でもいいですねぇ。
ガキの頃やりましたよ。手榴弾代わりに水風船。
ゴムが薄くなるほど水入れないと投げても破れないのが難点でした。
問題はいい大人がそんなことをできる場所はなかなかないということですが。
やっぱ京阪八幡市駅近くの淀川河川敷か。
>釜風呂
無茶しすぎです。
いや、あれすごいですね。ほんと。蒸し暑い。
奥のほうには一応水桶があったはずですが…。

Comment Form

Trackback:No Trackbacks

TrackBack URL for this entry
http://epi.if.land.to/_392.html.trackback
Listed below are links to weblogs that reference
京都→滋賀TACL from Wanderer's Haven
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

Home > General > 京都→滋賀TACL

Calender
<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top