Home > Archives > December 2006

December 2006

カードゲーム

ばけつにルール間違いでいじめられました。泣きそうです。

ひぐらし分の補充

ひぐらし礼に備えて、自分の中のひぐらし分を補充すべく祟殺し編のラストとエピローグを再読。
うーん、やっぱ怖いですねぇ。ラストのアレはやっぱ迫力あります。
ところで、ひぐらし礼誰か買う予定の人います?貸してもらえると幸いです。
いやまあ1000円くらいのもんですし自分で買ってもいいんですけどね。

大掃除

部屋の掃除をするつもりが、ここしばらく片付けてなかったのを片付けるだけで一苦労。
ついでに色々拭き掃除とか床のワックスがけとかやってたら大掃除に。
もともと掃除嫌いの人間なので、やるからには一度で済ませたいのと、やり始めるとついつい色々手を出してしまうのが敗因ですねぇ…。
実際問題として、まだ書類整理とか終わってないんですけどね。明日までかかるなぁこれは…。
まあ、なくしたと思ってたイヤフォンがベッドの下から出てきたり、携帯用ホッチキスが見つかったりは嬉しかったです。

相変わらず著作権法の講義が大変です

教授「赤い彗星レイズナーってのが昔ありましたが」
「レイズナーは蒼き流星です。赤い彗星はシャアです」
という言葉を飲み込んだ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

事情聴取

というわけで今日警察に任意出頭して事情聴取を受けてきました。
まあ形通りの極めて簡素なものですが、刑事訴訟法上の手続はちゃんと踏んでました。
違法収集証拠だー、とか言われたら困りますしね。まあ、おそらく公判手続自体ないので問題になりませんが。
(検察から出頭要請を受け、起訴されるとしても、こちらが同意すれば略式起訴で終わります)
被害者の方は全治二週間、軽症の中でも軽い方ということで、おそらく起訴はないそうです。
まあ一応胸をなでおろした、ということになりますかね。
ま、これで一応は決着です。反則金払って終わりですね。やれやれ。

事故

事故りました。人身事故です。ついでに言うと加害者です。
いやあ、パニックにはならないものの気は動転するというか、冷静さはどうしても欠いてしまうもんですね。
相手はごくごく軽症(左脚打撲)で、物的被害はズボンに穴が開いた程度。
えー、まあ色々ありますが保険屋さんの方にお任せすることになりました。
これから書類やら何やらまとめたりしないといけないことになります。
あと交通反則金の支払とか、色々。
人身事故なので、一応起訴されて罰金刑を受ける可能性があるようです。激しく憂鬱。
まあ、罰金だと5万くらいらしいですね。とほほ。
やあ、今日の帰りは憂鬱でしたよ本当に。

天使の羽を持つ輸送機


ミサイル避けのフレアって奴ですね。
チャフと何が違うんだろう、とか思ってたらチャフはレーダー探知式に対する妨害で、
フレアは赤外線探知式に対する妨害なんだそうです。熱源を探知できないよう炎をばら撒くってことですか。
やあ、きれいなもんです。

暴挙

学部時代のゼミのOB会に出席してきました。
その後京都に住んでいる友人と久しぶりに飲んだのですが、二人でワイン2.5本+ビールそれなり+ボンベイサファイアちょっと、という暴挙に出てしまいました。
ワイン2.5本て、およそ1升ですよ。うわー。
頭痛はないものの、流石に頭がぐるぐるしています。
…昨晩寝ている間に我ながらものすごい動きをしました。
寝るときはソファーベッドの上に寝ていたのですが、起きたら友人が寝ていたはずの床の布団に寝ていまして。
さすがに起きたら場所が変わっているという異常事態について尋ねてみたところ、
「ものすごい寝相の悪さだった」
「寝ながら軟体動物のように動いて、少しずつベッドからずり降りていった」
「ズボンのベルト外してファスナー下ろしたのを見たときにはどんな夢見てるんだかとか思ったよ」
とのこと。
あー、ベルト締めたまま寝てたからきっとお腹周り苦しかったんだろうなぁ。

運送屋さんとのすれ違いが絶えない

PCで使おうと思って安物の5.1chサラウンドシステムを購入しました。実に安いです。
音質が不安ですが、まあいい音をPCから聞きたい時はコンポのラインインから聞くので問題なしです。
で、配達指定を12/7の6時以降にしたんですが、今日帰ってみると何故か不在連絡表が。
…そういえば6時ごろに携帯に電話かかってきたなぁ。思いっきり講義中なので無視しましたが。
確認してみると、確かに宅配便のドライバーの方の電話番号でした。
指定されたはずの日時に来ても誰もいないし、運送料着払い+代引きなのでそのまま帰るのも微妙。
あー、俺のせいではないけど、何か悪いことした気分です。
しかし、やる気のない西○運輸も問題だけどやる気のありすぎるクロネコヤマトも少し問題だぞ。

アニメ版「パンプキン・シザース」が結構面白い

初回からしばらくは原作をきれいに追ってるような内容で、
作画も初回がピークでだんだんレベルが下がっていってるので微妙に感じていたんですが、
流石に原作が月刊誌の単行本で5巻までしか出ていないということで、
(原作に忠実にやった挙句追いついて最低な展開になったのは魔方陣グルグルですか)
アニメオリジナルを含めつつ広げたりオリジナルストーリーを加えたりの展開になっているんですが、これが悪くない。
関係ないけど途中から完璧にアニメオリジナルをやっちゃって面白かったのは鋼の錬金術師かな。
個人的には原作の"Trick in trea(甘い罠)"を広げながら1クールで終わるのかと思っていたのですが、この感じだともうしばらく続きそうな勢いですね。
原作が面白い(というか、あまりなかった切り口でちゃんと少年漫画している)だけに、
アニメ化にはさほど期待せずに見続けていたんですが、ストーリー的にも十分期待できそうな気がしてきました。

オーストリー、は定着するか

オーストリア在日大使館がオーストラリアとの混同をどうにかするために自ら「オーストリー」と呼ぶ運動を始めているとか。
このニュースは随分前に聞いたのですが、全く腰の低いことで。
歴史で言うとオーストリアの方が随分古いのになぁ。
しかしどうせ呼称を変えるなら彼らの母語に従ってエスターライヒにしてしまえばいいのに。
ドイツはジャーマニーではなくドイツだし、エスターライヒの方が自然な気がしますけどね。
まあ、エスターライヒという言葉自体発音がかなり遠い(日本語にはOeなんて母音ないし当然だけど)うえ、どう考えても定着しそうにないですけど。
まあ、歴史的な事情なんでしょうね。こういうのは。
イギリスなんて呼び方してるのは間違いなく日本だけだろうし。
そういえばice氏が昔スイスのことを「スィッツァランド」てな呼び方してたなぁ。
俺の知る限りそういう呼び方をする言葉はありませんが、英語のSwitzerlandをドイツ語風に読むとそうなります。
当時彼は高校生だったはずですが、どこでそういう知識を仕入れたのやら。

More...

Home > Archives > December 2006

Calender
<   2006-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top