Home > Archives > February 2007

February 2007

狼と香辛料/支倉凍砂

電撃大賞銀賞で、このライトノベルがすごい!で随分な順位だったそうで。おめでとうございます。
経済をテーマに…とか語られることが多いようですが、エッセンスに過ぎないような。
為替取引・先物取引(っぽい取引)・通貨の質による価値の高下など、背景としては説得力のある形で書けてるとは思います。
どこを主軸に持ってくるかが読み手によってかなり幅がありそうです。
エッセンスがかなり多く、それなりにきっちり描いているので波及できる読者層は多いんじゃないでしょうか。
「人外の少女(ただし外見だけで御年数百歳)と青年のボーイ・ミーツ・ガール」
「商人の主人公と、素人だが洞察力と知識に優れた相棒によるギャンブル的な商売のスリル」
「掛け合い漫才的な会話の妙」
まあ、面白いんじゃないですかね。

ラッシュライフ/伊坂幸太郎

全く関係ないはずの登場人物それぞれの話が有機的に絡み合い、最後に一つの物語へと構成される。
…というような話の仕掛けそれ自体が面白いと思う人には随分面白いんだろうな、という印象。
正直、よくできているな、というだけの印象。
当然、これだけの構成を持った物語を書くことは自分には真似できませんが、本当にそれ以上の面白みが全くない。
劇場版「陽気なギャングが地球を回す」を見終わった後の第一声が「ロックストックやなぁ」で、
原作を読んでも全くそれ以上のところがなかった(面白かったけど)のですが、
「陽気なギャング」からスタイリッシュさを抜いていたく日常的な登場人物を増やすとラッシュライフかも。
伊坂幸太郎の小説のイメージは私の中ではブギーポップシリーズを読み進めたときの感想に似ています。
一冊目が多分一番面白くて、あとは微妙な雰囲気。
この辺逆にあらすじにするとさっぱり面白くない話を読ませてしまう佐藤亜紀はすごいのか。
こないだ「天使」を再読しましたが、あのありがちなライトノベルにも劣るクソつまんない設定と物語をひとかどの文学に仕立て上げてしまい、なおかつ読ませる力があるのはやっぱあの人大したものかも。
まあ、極力説明を廃したせいでひどく理解しにくい話なので一般ウケはしないでしょうが。
(読み方によってはやおいになるらしい。そういう読み方を理解してから読んだら確かにそうだった。やれやれ)
まあ、結局は単なる趣味嗜好の違いかもしれない。

More...

Home > Archives > February 2007

Calender
<   2007-02   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
Search
Recent Comments
Feeds
Links
Counter

Page Top